NEWS

   
 第12回演奏会(2019年12月予定)
J.S.バッハ ミサ曲 ロ短調(BWV232)
どのパートも募集中です。
特にソプラノ・テナー・ベース大募集!

2018年5月9日水曜日

5月の練習

新緑に新茶。。。さわやかな風に吹かれて
新しい出会いがありますように♪
(1)2018年5月13日(日)のスケジュール
  (@鴨沂会館・本館201号ほか) 
  1)13:00~13:20 発声(201号)
  2)13:20~14:45 パート練習(部屋は下記の通り)
  3)14:45~15:00 休憩とパート連絡
  4)15:00~15:10 全体連絡
  5)15:10~16:50 全体練習(201号) 
 <パート練習会場>
  ・ソプラノ:S1:本館301号
        S2:本館101号
  ・アルト:201号
  ・テナー:本館202号
  ・ベース:新館会議資料室
<石原先生からのコメント>
 ・今回歌うCredoはつかみどころが無く、歌いにくく感じると思い
  ます。ゆっくりと練習して下さい。
  出来ればその際に通奏低音とのかかわりを意識して欲しいのです。
 ・歌詞の切れ目(Credoの後とDeumの後)がブレスの場所です。
 ・CredoDeumの「レ」「デ」の発音は閉口音ですので
  「リー」「ディー」に近く発音して下さい。
 ・もう一曲のEt incarnatus est は粘らない清楚さが必要です。
  日本的にべっとりと歌ってしまいがちですが、それではこの曲の
  神秘的な美しさは出せません。
<百々指揮者からのコメント>
 ・次回の1曲目のCredo in unum Deumのテーマ旋律はグレゴリオ
  聖歌のミサ曲の旋律です。
 4拍子をしっかり自分で感じながら歌ってください。また、旋律を
  浮き立たせるためには、語頭のCrを拍の前に出すことが重要です。
 ・2曲目の歌詞は神の子が処女マリアから生まれて人となるという
  神秘的な曲です。5パートの下降旋律は全部音程が違います。
 ・練習中に先生がバッハは透明な音が必要と言われています。
  全員が力まず、正確に歌えば良いのですが、次回は周囲の音、パー
  ト内の音が揃っているか耳も使うことを心がけてみてください。
(2)お知らせとお願い
  ①第12期の会費の件
    ・第12期、5月~8月(6000円)の受付も始めます。
  ②廊下を行き来する際はスリッパから靴に履き替えてください。
  ③名札の着用をお願いします。
  ④団員募集のお願い
    ・引き続き全パート募集中!見学も随時受け付けています。
(3)今後の練習日・練習会場
    ・2018年6月10日 鴨沂会館.201号室ほか
    ・2018年7月8日  鴨沂会館.201号室ほか
    ・2018年8月5日(第1日曜) 鴨沂会館.201号室ほか
    ・2018年8月26日(第4日曜) 鴨沂会館.・新館ほか
    ・2018年9月9日  鴨沂会館.201号室ほか
    ・2018年10月14日  鴨沂会館.201号室ほか
    ・2018年11月11日  鴨沂会館.201号室ほか
(4)演奏会情報
  ♪ 姫野先生のコンサートのご案内です ♪
<日時>2018年6月2日(土)15:00開演(14:30開場)
<会場>奈良市北部会館 市民文化ホール
<入場料> 500円(全席自由)
<曲目>ベートーヴェン ソナタ第15番「田園」
      シューマン 森の情景 作品82 より
      ヤナーチェク 草かげの小径にて より
      リスト 森のざわめき  他


(5)団員の方へ
  ・VOCE通信(団員向け)にてロ短調ミサの音取り用音源を
      配布しています。
  ・毎回の練習の状況を記録した音源を入手できるようにしました。
   最近の音源は、VOCE通信(団員向け)でお知らせしたURLを
  直接クリックください。音源のページが開きます。 

0 件のコメント:

コメントを投稿