NEWS

   
 第12回演奏会(2019年秋頃の予定)
J.S.バッハ ミサ曲 ロ短調(BWV232)
どのパートも募集中です。
特にソプラノ・テナー・ベース大募集!

2014年3月22日土曜日

音楽スタッフの紹介

 ♪♪ 正指揮者紹介 ♪♪
石原 哲(いしはら あきら)
教会ミニコンサートでのソロ
京都大学文学部哲学科卒業後、京都市立芸術大学音楽科へ入学、声楽を専攻。
京都大学時代より、指揮法を伊吹新一氏に、声楽を蔵田裕行氏に、合唱を林達次氏に師事。卒業後はボイストレーニングを木下武久氏に師事。ジーノ・ベーキ氏のレッスンも受ける。
モーツァルトの「レクイエム」やベートーヴェンの「ハ長調ミサ」、シャルパンティエの「真夜中のミサ」、プッチーニのオペラ「修道女アンジェリカ」等を指揮。
オペラ歌手としては、「フィガロの結婚」のフィガロやバルトロ、「ドン・ジョヴァンニ」のマゼット、「こうもり」のフランク、ファルケ、アイゼンシュタイン、「タンホイザー」のラインマール、「ラ・ボエーム」のショナール、「メリー・ウィドー」のダニロなど、バス役からテノール役まで幅広く演じた。
また、ベートーヴェンの「第9」、モーツァルトやフォーレ、デュリュフレなどの「レクイエム」、ハイドンの「ネルソンミサ」「パウケンミサ」等、数多くの宗教曲のソリストを務めている。
合唱指揮者としても、ヘンデルの「メサイア」、ハイドンの「天地創造」、モーツァルトの「レクイエム」、ベートーヴェンの「第9」、ブラームスの「ドイツレクイエム」、マーラーの「復活」等の大曲を指導している。

教会ミニコンサートでの先生のソロが、ほんのちょっとだけこちらから聴けます。





 ♪♪ ピアノ奏者紹介   
姫野 真紀(ひめの まき)
京都市立芸術大学、同大学大学院修了。
在学中よりソロ、室内楽の演奏活動をおこなう。Holland Music Sessions、浜松国際ピアノアカデミー等に参加。オーディションに合格し日本演奏連盟主催によるリサイタルを開催。また、ザ フェニックスホールの公募に選ばれ、フェニックス エヴォリューションシリーズ「東欧幻想」を開催。秋篠新進演奏家コンサートに出演。2004年より7回にわたって「姫野真紀1コインピアノコンサート」を奈良にて開催、美術とのコラボレーションによる「聴くかたち、見える音」を3度開催し好評を得ている。
アンサンブル経験も豊富で、多治見少年少女合唱団や奈良女子大音楽部のコーラス伴奏、バイオリンや歌のリサイタル等で多数共演。京都フランスアカデミー、いこま音楽祭等の講習会でバイオリン、ビオラ、クラリネットクラスのレッスン伴奏を受け持つ。
アンサンブルVOCEでは、練習ピアノと本番のオルガン、チェンバロを担当し、「メサイア」「ヨハネ受難曲」「レクイエム」「テレジアミサ」他を共演。アンサンブルに意欲的に活動している。

 ♪♪ ソプラノ・パートリーダー 
三谷 瑠見子(みたに るみこ)

京都市立音楽高校卒業。同志社女子大学学芸学部音楽学科演奏専攻卒業。同大学音楽学会《頌啓会》 特別専修生終了。39回堺市新人演奏会奨励賞受賞。関西歌曲研究会「日本のうたコンクール2010」入選。モーツアルト「ミサ・プレヴィスで宗教曲デビュー。オペラでは 「フィガロの結婚」 スザンナ、「イドメネオ」 イーリア、「つばめ」 イヴェットを務める。関西二期会準会員、京都音楽家クラブ、関西歌曲研究会、日本シューベルト教会所属。2013 年に結成されたRACYの一員として、心の悩みを抱えた人へ癒しの音楽を提供している。小尻裕子、小木谷好美、三井ツヤ子の各氏に師事。


0 件のコメント:

コメントを投稿